【七瀬ひな】ドMなギャルの喉奥を拡張調教する衝撃のイラマチオ


「そういうのあるんです…?」喉イキする為にまずは口をほぐすと言われ、口を大きく開けて舌を出すといきなり指2本を根元まで突っ込まれ涙,目で苦しむ七瀬ひな! 「デカい…これ普通に咥えればいいんですか…?」ガラステーブルに突き立てられた特大ディルド,にヨダレを垂らして擬似フェラで慣らし、頑張って喉奥まで咥えても半分しか入らずギブアップ! 「医療器具…」喉拡張が始まり細いお尻用?のスティックを喉の奥まで突っ込まれ、少し太いスティックになると堪らず涙とえずき汁,を垂れ流し口が閉じれないように開口具を装着! 「デカい…」さらに太くて長いスティックを根元まで全部突っ込まれても口が閉じれず必死に頭を振り、普通のおチンチンより大きなサイズの双頭ディルドで喉拡張! さっきは2本が限界だった男の指を3本喉奥まで入れられるとネバネバのえずき汁が糸を引き、さっき半分だった極太ディルドでは頭を押さえられ根元まで強制挿入! 「喉の奥気持ちいぃ…」開口具を外してのディルドイラマチオ,でも頭を押させられ涙・鼻水・えずき汁を垂れ流してガラステーブルがグチョグチョになり、男の体重を後頭部にかけられさらにドロドロの粘液を大量に吐き出し! ガラステーブルに溜まったえずき汁を手ですくって壁に貼り付けたディルドに塗り付け、体勢が変わった事で気道が開きさっきより深くディルドイラマチオ! 「ちょっと待って…デカ…」ディルド並みにデカい本物のデカチン,でイラマチオされ、ソファに後頭部を押さえ付けられて逃げ場のない強制イラマチオ! 「飲んだぁ…」床で仰向けのイラマチオでは男のピストンに合わせて喉がぼこぼこ膨らみ、ラストは色んな体液で顔中ドロドロのイラマチオで咥えたまま喉奥に口内射精,されたザーメンをごっくん,する七瀬ひな!!!!!